Preply トライアルレッスンについて

以前にもトライアルレッスンについて 書きました。
1000レッスンをして、今振り返って思うことを書きます。

実は ずっと保持していた「スーパー講師」の称号(?)を失ってしまいました。

これは、2月、3月にたくさんのトライアルレッスンをやみくもに受けていたことが原因です。
毎月、コンスタントに トライアルレッスンの申し込みはありますが、2月、3月は特に多かったです。
レギュラーのレッスン数もかなり ありました。

今も 週に最低でも20レッスンです。
私は 木曜日、日曜日は レッスンをしていません。
特に 日曜日は完全休業です。
レッスンをすることは ありません。

木曜日は、基本お休みなんですが、私の場合夕方の時間にレッスンが集中しています。
ヨーロッパの学習者さんは、夕方が都合がいいみたいです。
現在、イギリス、チェコ、ドイツ、ポーランド、スイスの学習者さんがいます。
みなさん、夕方の時間帯です。

週に最低1回、多い人は週に2回が主流です。
となると、夕方の時間帯がどうしても 学習者さんからはとりにくい。
「なんとかなりませんか」という学習者さんにお答えして、木曜日、夕方2枠をオープンしました。

6時からと7時からです。
木曜日は 私用で出かけることも多いので、これ以上は開けないつもりです。

土曜日は ゆっくり寝たいので10時からと最後は6時までと稼働時間は少なくしています。

これで、週20レッスンをこなそうと思うとなかなかハードです。

月曜日が 比較的空いているのは、1日の時差があるアメリカの学習者さんは日曜日になるからと思われます。

木曜日を休みにしているのは、 週の中間で レッスン準備や美容院、病院にいくのにはちょうどいい曜日だからです。

多い週は25レッスンあるので、水曜日、金曜日は7レッスン、8レッスンの日もあります。
私は 少しだけですが、italkiのレッスンもあるのでそれを加えると最多のレッスンは9レッスンの日があります。

最近は 予定がなくても、連続しそうな時間帯には 休憩として、Busyとしてレッスンが入らないように ブロックすることにしています。

2月、3月はトライアルレッスンが多くて、学習者さんとの事前のやりとりをしっかりすることなく安易にトライアルレッスンをうけていたと反省しています。
また、この時の学習者さんは あまり真剣に日本語を学習しようという人たちではなかったように思います。
自分でも反省はしていますが、運も悪かったように思います。

サブスクへのコンバージョン率が下がってしまいました。

  • 日本へ旅行したいけど、その前に数回レッスンを受けたい
    (Preplyは サブスクなのに?)子供のレッスンをしたいけど、曜日が合わない
    (はじめに、私の予定をみてからトライアルを受けて欲しい)旅行から帰ってから、日本語を勉強してみたいと思った
    (トライアルを受けたけど、難しそうだからやめた)

など、トライアルレッスンをしていても 真剣さが感じられない学習者さんばかりだった気がします。
こちらも忙しいのもあって、自分でも100%の力で向き合っていなかったんじゃないかと反省しています。

自分のトライアルレッスンを振り返る いい機会だったと思っています。
そこで、今回の経験から学んだことは

 

  • 事前に必ず詳細にメッセージのやりとりをしてレディネス調査やニーズ調査をする。
  • いきなりトライアルを予約してくる学習者さんとは、トライアルレッスンで要望をしっかりと聞く。
  • 日程や時間帯が合わない場合は 無理をせず(できると言わない)はっきりと断る。
  • 私の場合は9歳以下は受け付けないとしていますが、それ以下の年齢は頼まれても断る。

 

今まで、レッスン数を積み上げるために少し無理をしてきた部分もあります。
しかし、今1000レッスンも越えたので、やみくものトライアルは受けないと決めました。

トライアルが入ると やはりうれしいので、なんとかサブスクに結びつけようと思ってしまいます。
でも、本当にトライアルからサブスクにつなげられるかをしっかり考えて、トライアルを受諾するかどうかを判断しようと思います。

4月は コンバージョン率も100%でしたが、この判定は過去90日をみての判定なので、取り戻せるのは7月かな。と思っています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました