1日10レッスンは キツい!

ゴールデンウィークが終わりました。
オンライン講師にとって、ゴールデンウィークは全く関係ありません。
学習者さんのほとんどは 日本居住者ではないですから。

私の場合、日本居住の学習者さんは、今のところ3人?、ですね。

1人は 今月始めたイタリア人の主婦の方、ご主人の転勤で日本に来て1年の人。
1年間ボランティアで日本語を学んだそうですが、本当にブロークンジャパニーズです。
バラバラに習ったんだろうなあ、という印象です。
明るい方で、旦那さんは 日本人とオーストラリアのミックスだそうです。

日本に住む小学6年生の男の子。
私とは 私がPreplyを始めてからずっと続けてくれているお母さんがフィリピン人、お父さんが日本人です。東北の日本人点在地域に住んでいます。
小学校に外国人は彼しかいません。
始めた当初は 週に3回レッスンをしていましたが、かなり喋れるようになった今は、週に1回です。
来年は中学生になるので、この1年しっかりと文章を読めるように レッスンしようと思っています。

 

3人目は 日本に住んでいるフランス人の男の人です。
日本語学校で1年間勉強したので、一応「みんなの日本語Ⅰ・Ⅱ」は 終了したと言っていました。
動詞の活用は ほぼ完璧なんですが、さあ、会話となるとなかなか難しいという学習者さんです。
この人は Preplyではなく italkiでパッケージ買いをしてくれている人です。

この3人の方を除いて、あとの学習者さんは 全て日本在住ではありません。

シンガポール、香港、ドイツ、チェコ、イギリス、オーストラリア、スイス、フィリピン、サウジアラビア、アメリカなど、本当に世界中に学習者さんがいるといった感じです。ですから、ゴールデンウィークは 学習者さんには ほぼ関係ありません。

ゴールデンウィークも私はずっとレッスンをしていました。
私自身も 他に予定もなかったので、休みにする必要もありませんでしたから。

Preplyは サブスクリプション制なので、レギュラーのレッスンは同じ曜日同じ時間に基本的に続きます。
学習者さんが、前払いのサブスクを更新する、つまりお金を払ったらレッスンはブッキングされる仕組みです。
サブスク制なので、次月の入金がまだでも、その枠はその学習者さんのためにキープされます。

わたしは、木曜日は基本休みにしていたのですが、どうしても6時、7時の枠がいつもいっぱいなので、仕方なく木曜日の6時、7時だけ2スロットを開けました。
日曜日は 完全に休み。土曜日は ゆっくり寝たいので 10:00スタートで、夕方は5時枠が最後です。

アメリカとは、1日時差があるので、月曜日、火曜日は 比較的のんびりしたスケジュールです。
月曜日は4レッスンが多いですね。
木曜日が休みのせいか、水曜日と金曜日が一番レッスンが多いです。

先週は 金曜日が気がつけば、10レッスン!

気がつけば、途中に「Busy」として、レッスンがブッキングできないようにするんですが。
気がつくのが遅かった。。。。

もう、どうしようもない。
10レッスンをどう乗り切るか。
朝の9時から夜8時まで、本当にしんどかった。

レッスンが多い時、たいてい誰かがリスケ(リスケジュール)するか、キャンセルコンファーム(レッスンに欠席して、コンファーム)してくれることが多いんですが、先週は なし!!

びっしり10レッスンでした。
これは、過去最高でした。

もう2度としたくない。のどもやられるし、ご飯もしっかり食べられない。
古い学習者さんは、レッスン時間が60分なので、ギャップタイムもありません。
新しい学習者さんは、Preplyの先生がたの強い要望で50分になっていますが。

しっかりと予定をみて、このようなことのないようにしていかなくちゃいけないなと思っています。
レッスンの準備で1時、2時までかかるので。

明日、金曜日ですが、8レッスンです。
ひとりリスケしてくれたので、なんとか8レッスン。お昼は休めそうです。
がんばります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました